福岡城

豊前国中津12万石から筑前国福岡52万石に移封された初代藩主黒田長政が、

慶長6年(1601)から7年がかりで築城した城で、舞鶴城ともいう。

 

平山城で、天守閣はなく大中小の各天守台と47の櫓があったという。

本丸、二の丸、東二の丸、南二の丸、三の丸で構成された内城部分で413900㎡、

城下の武家屋敷まで含めば2460000㎡もの広大な規模を持つ城郭である。