日本の城めぐり > 地点一覧

地点一覧

  • 小田原城神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城(平山城)で、北条氏の本拠地として有名である 北条氏が撤退した後は、大久保氏が城主となり明治まで続く。 ...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  •  千種城は、千草城とも呼ばれ、三重郡菰野町大字千草字城山にある比高16mの平山城で、県指定史跡になっています。 城址へは、伊勢道四日市ICを降り、国477号を約5km西行し、菰野信号を右折して国306号に入り北1.4km先の潤田信号を左折します。県道762号を約2kmほどで着きます。道が狭くわかりず...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 甲州市ふるさと武田勝頼公まつりは山梨県甲州市で行われます。 今年は、4月26日に開催
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 膳所城にいきました。 膳所城は徳川家康の命により、天下普請によって築かれた城です。 築城の名手と謳われた藤堂高虎に最初につくらせた城で、日本三大湖城のひとつに数えられます。   大津城にかわって京都の東の守りを固める目的で築かれ、戸田氏や本多氏など譜代大名が城主として配置されま...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 明応年間、伊賀太郎衛門光就が築城したという。 4代目城主の伊賀太郎衛門守就から安藤氏を名乗り、 安藤守就に改名する。守就は当初土岐頼芸に仕えていたが、 美濃が斎藤道三によって奪取されると、道三の家臣として仕えた。 稲葉良通や氏家直元らと並んで西美濃三人衆と称されたという。 1556年(...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 吉田城の歴史は、永正2年(1505)、牧野古白により、その前身の今橋城が築かれたことに始まります。 <明応5年(1496)説もあります> 戦国争乱の世の中で、東三河の要であった今橋城は、戦国武将が激しい攻防を操り返す中で、 名も今橋から吉田と改められました。 永禄8年(1565)、徳川家...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 京都市左京区黒谷町にある浄土宗の寺院 徳川初期に同じ浄土宗の知恩院とともに城郭構造に改められていた。 会津藩主松平容保が幕末の文久2年に京都守護職に就任すると、京都守護職会津藩の本陣となり、 藩兵1,000人が京都に常駐し1年おきに交替した。 徳川秀忠正室の江の供養塔 春日局墓所 なども...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 羽黒城は梶原氏の菩提寺である興禅寺の東側一帯に築かれていた。 名鉄小牧線の羽黒駅の前の羽黒交差点を西に200メートルほど進み、 北へ入るとすぐに興禅寺がある。興禅寺の東にある林が城址である 寺の東側、アパートの裏にある竹藪部分が城跡で、 南端に土塁のような高台があり、その上に石碑が建ってい...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 松本城は、長野県松本市にある城である。安土桃山時代末期-江戸時代 初期に 建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。 松本城と 呼ばれる以前は深志城といった。 花見の季節は桜がきれい。 城としての役割といえば、戦いの舞台にはならなかったので 天守閣が健在なのが...
    詳しくはこちら
    地点区分:,

  • SEOブログパーツ

ページ

RSS