明応年間、伊賀太郎衛門光就が築城したという。 4代目城主の伊賀太郎衛門守就から安藤氏を名乗り、 安藤守就に改名する。守就は当初土岐頼芸に仕えていたが、 美濃が斎藤道三によって奪取されると、道三の家臣として仕えた。 稲葉良通や氏家直元らと並んで西美濃三人衆と称されたという。 1556年(弘治2年)、道三と斎藤義龍の抗争(長良川の戦い)では 義龍に協力し、義龍の没後は斎藤龍興に仕えた。 1567年(永禄10年)、織田信長の美濃侵攻に対して他の三人衆らと共に内応し、 そのまま信長の家臣として仕え、引き続き北方城城主となる。 しかし1580年(天正8年)、甲斐の武田勝頼と内通したという罪により、 信長によって織田氏から追放され、北方城城主は稲葉良通がなった。 1582年(天正10年)、本能寺の変が起こり、信長が家臣の明智光秀に より討たれると、守就は子の安藤尚就と共に挙兵して北方城を奪い、 再起を試みた。しかし、稲葉良通に攻められ敗北し、北方城は廃城となる。 北方城の跡地には、1668年(寛文8年)に北方陣屋が築かれ、 美濃国加納藩藩主松平光重の三男である戸田光直(戸田光賢)、 旗本5,000石の陣屋となり、1868年(明治元年)まで存続する。